社会の変化を予見したキャリア開発のすすめ

どこでも通用する人材になるために、何を目指し、どのようにキャリア開発を進めていけばよいのか?
人生100年時代を豊かに生きていくためのキャリアはどうあるべきか?

これらの問いに答えることが、このブログの目的です。

私自身、試行錯誤の連続です。
最近は脳科学に強い関心があり、いろいろな文献にあたっています。
その中で、社会の変化を予見するきっかけを与えてくれたのが、ユヴァル・ノア・ハラリさんの「21 Lessons」という本です。

AIと生物工学の発展による社会的影響

この本では、現代人がどう生きるべきか21個の重要テーマを紹介しているのですが、衝撃だったことは、AIと生物工学の2つが私たちの生活を大きく変えるということです。

インターネット社会では常に人々の行動が監視されています。
いつ、誰が、どこで、何を検索したのか、ビッグデータが蓄積されます。そのデータを活用して機械学習を行うことで、AIが人間以上に優れた意思決定ができるようになります。

例えば、採用面接では、これまではアピール上手な人が高評価を得ていましたが、今後はAIが判断できる時代になります。
応募者のインターネット閲覧履歴はもちろんのこと、SNSでの交流関係、さらに戸籍情報や医療データにアクセスできるようになると、個人の情報が丸見えになります。
1時間ほどの面接を実施するよりも、AIの判断ほうが信頼できるのは明白です。

これと同じように、政治や司法やビジネス、プライベートの様々な場面でAIの意思決定に頼るようになると、人間の意思決定はAIに従うという構図になり、あたかも人間がAIに支配されているかのように思えてきます。
私はこの事実を知って、ショックを受けました。AIや生物工学は人間が作った道具であり、逆に支配されるのは、人間としての尊厳を失うと感じたからです。

50年後、こういう未来がくるかどうかは誰もわかりませんが、ハラリさんの本を読んでいると、現実になってもおかしくないと感じます。

キャリアへの影響

AIの発展により、雇用環境も大きく変わります。

まずは、早々に定型業務がITに置き換えられます。さらに将来的に自動運転が実現すれば、ドライバーという職がなくなります。
裁判もAIに従ったほうが適切な判決ができるようになるでしょう。
採用面接官も不要になるかもしれません。
マーケティングもAIに従ったほうが優れた施策を生み出すでしょう。

現在、世界中の国々がAIと生物工学に多大な投資を続けていますので、この方向性は止めようがありません。

私たちは変化の激しい時代に生きています。
何年後にどうなるのか予測することは不可能ですが、大きな流れを把握することは誰にでもできます。

私たちは大きな流れをつかみながら、それぞれのキャリアを築いていきたいものです。

ABOUT この記事を書いた人

記事プロフィール 佐藤 大介(株式会社エンディングキャリア 代表取締役)
私のミッションは「最後に笑えるキャリア」をプロデュースすることです。20年前、就職氷河期世代の私は失業していました。働く場所がない辛さや悲しみを心底味わいました。その後、何度か転職をしながらキャリアアップを図り、家族を養えるくらいの収入がいただけるようになりました。人生100年時代を迎えて、私たちはキャリア戦略の転換を求められています。あなたのキャリアを伴走させてただくことを楽しみにしています。