やりたい仕事を発見できる「エニアグラム心理学」

「自分がどんな仕事に向いているかわからない」といったお悩みを抱えていらっしゃる方に、エニアグラム心理学をご紹介いたします。

エニアグラム心理学の要点を説明しますと、「生まれ持った気質」を9つのパターンに分類して、自他の性格を理解する学問です。

「仕事との相性」や「人との相性」が良く理解できるようになるので、自分らしい人生をおくれるようになる効果があります。
もっとシンプルにいうと、生きることが楽になります。

このエニアグラム心理学は、日本より海外のほうが有名で、モトローラやP&Gなどの企業研修などに活用されています。

エニアグラム心理学で定義する人格

まず、エニアグラム心理学を学ぶうえで、押さえていただきたいのが、こちらの図です。

出典元:HR研究所 吉田久夫

人格は3つの層が融合した一つの大きな円で現すことができます
①気質:持って生まれたもの(変わらないもの)
②三つ子の魂:潜在意識に刷り込まれるもの(変わりづらいもの)
③学習:繰り返し体験することによって身につくもの(変えられるもの)

エニアグラム心理学では、3つの層の中心にある「生まれ持った気質」を扱います。

エニアグラム心理学を学ぶメリット

あなたは、お仕事をされていて、大なり小なり違和感を覚えることはありませんか?
自分らしくないとか、しっくりこないとか、何かが苦しいとか・・・

とはいえ、そんなことばかり考えていたら仕事のパフォーマンスが上がりませんし、日頃はスルーしているかと思いますが、静かに心を見つめると、何かしらの違和感が存在していることが多いです。

私たちの人格は、「三つ子の魂」という幼少期の環境や、その後の「学習」により人格が形成されており、生まれ持った「気質」は埋もれて見えにくくなっています。
そのため、言語化は難しいけれども、「違和感」として感じられるのです。

エニアグラム心理学を学んで自己理解が進んでいくと、その違和感が少なくなり、自分と仕事のフィット感が高まります。まさに、自分らしく生きている感じになれます。

これが、エニアグラム心理学を学ぶメリットです。

9つのパターンの特徴について

エニアグラム心理学は、生まれ持った気質を9つのパターンに分類することができます。

タイプ1「完全主義者。細部にこだわる。公平で自制心が強い。」

タイプ2「博愛主義者。良く世話をやく。心が温かくてやさしい。」

タイプ3「成果主義者。何事も手際が良い。挑戦意欲が強い。」

タイプ4「ロマン主義者。独創的なアイデアに富む。繊細で傷つきやすい。」

タイプ5「合理主義者。冷静で分析力に富む。論理的に考える。」

タイプ6「安全主義者。誠実な人柄。慎重で節度をわきまえている。」

タイプ7「楽天主義者。明るい社交家。陽気で楽天的。」

タイプ8「パワー主義者。決断力あるリーダー。度胸があり大胆に行動できる。」

タイプ9「おまかせ主義者。包容力のある人柄。おっとりとして穏やか。」

出典元:HR研究所 吉田久夫

9つのパターンに当てはめられることに抵抗感がある方がいますが、けっしてパターンに当てはめたいわけではありません。

人間は一人ひとり異なりますが、それでは比較が困難なので9つに分類しています。
自分と他人、他人と他人を比較することで自己理解が深まっていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

エニアグラム心理学の学習は、ワークショップやカウンセリングを通じて行われます。私は自分のタイプが腑に落ちるまでに、5年ほどかかりました。

一朝一夕にはエニアグラム心理学を理解することはできませんが、エニアグラム心理学を学ぶことで自己理解が深まります。「仕事との相性」や「人との相性」がよく理解できるようになるので、自分らしい人生をおくれるようになります。

ABOUT この記事を書いた人

記事プロフィール 佐藤 大介(株式会社エンディングキャリア 代表取締役)
私のミッションは「最後に笑えるキャリア」をプロデュースすることです。20年前、就職氷河期世代の私は失業していました。働く場所がない辛さや悲しみを心底味わいました。その後、何度か転職をしながらキャリアアップを図り、家族を養えるくらいの収入がいただけるようになりました。人生100年時代を迎えて、私たちはキャリア戦略の転換を求められています。あなたのキャリアを伴走させてただくことを楽しみにしています。