失業を冷静に受け止めて乗り越える方法
私は中高年の方々を対象にした転職支援を行っています。
 
この記事では「失業を冷静に受け止めて乗り越える方法」についてご紹介いたします。

失業したときに陥りやすい感情

失業や再就職に直面したとき、私たちの心には、失望、悲しみ、挫折、不安、期待など、様々な感情がわいてきます。
 
「なぜ、こんなことになってしまったのか?」
「これからどうなってしまうのか?」
 
このように、「過去の後悔」と「将来の不安」に気持ちが動揺して、目の前の現実を直視することが困難になります。
しかし、それらの感情に囚われ過ぎてしまうと、感情がぐるぐる回るばかりで、人生を前進させることが難しくなります。
 
一体、失業や再就職などの「転機」が訪れたとき、どのように向き合えばよいのでしょうか?

シュロスバーグの4Sという考え方

参考になるのが、カウンセリング心理学教授のシュロスバーグの4Sという考え方です。

「シュロスバーグの4S」とは自分の利用できる4つのリソース(資源)を点検することで「転機」を客観的に見ることができ、乗り切るための具体的な行動計画に繋げる考え方です。
 
1. 状況(Situation)
2. 自分自身(Self)
3. 支援(Supports)
4. 戦略(Strategies)
4つのリソースのそれぞれ頭文字をとって「4S」と呼ばれます。
 
それぞれのSを切り口に、次のような設問を自分自身に問いかけていくことで、4つのリソースを点検することができます。
1. 状況(Situation)

・転機のきっかけは何ですか?
・転機は予期していたことですか?想定外のことですか?
・同じような転機を乗り越えた経験はありますか?
・転機は自分にとってプラスと見ますか、マイナスと見ますか?
・転機に対して自分がコントロールできる部分がありますか?それはどこですか?

2. 自分自身(Self)

・将来、自分はどうしていきたいと思っていますか?
・自分の人生にとってこの転機はどういう意味がありますか?
・転機に自分のスキル、経験は活かせますか?
・仕事やプライベートのバランスをどう考えていますか?
・変化への対応能力はどの程度ありそうですか?

3. 支援(Supports)

・自分が必要とする支援をしてくれる人はいますか?(上司、同僚、家族など)
・必要な情報、知識を得る手段はありますか?(学ぶ機会や人脈)

4. 戦略(Strategies)

・転機への対応として考えられる手段はできる限り検討しましたか?
・転機の持つ意味について色んな視点で捉えてみましたか?
・転機による精神的なストレスをケアしていますか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?
考える視点が広がったのではないでしょうか?
 
例えば、「失業」はネガティブな出来事のようで、100%ネガティブということではないと思います。
私たちは変化の激しい時代に生きていて、かつ、人生100年時代を生きていくうえで失業は誰にでも訪れる人生の転機です。
 
40代で失業した人は、その転機が早く訪れたことで失うこともありますが、早く訪れたことで再就職がしやすいという側面もあります。
50代で失業した人は、再就職が難しいかもしれませんが、その分長く勤められた過去があるわけです。
 
このように良い面も悪い面もありますが、今日お伝えしたいメッセージは、転機を冷静に対処することで、人生を前進させることができるということです。
 
ぜひ試してみてください。