市場価値の高い人材の3つの条件とは?

1月13日の日経新聞の一面に「黒字リストラ拡大!」という記事がありました。
2019年の人員削減数は、リーマンショック後の2009年を超える規模になる見込みで、現在40~50代が就労者ボリュームゾーンだけに、今後も増加が見込まれます。

今回は、早期退職に備えるために、「早期退職しても大丈夫!市場価値の高い人材の3つの条件とは?」というテーマでお届けします。

市場価値の高い人材の3つの条件とは? すばり、「専門能力」、「対人関係能力」、「適応能力」です。ひとつずつ解説いたします。

専門能力

まず、「専門能力」ですが、「私の専門能力は営業です」という考え方は間違いです。営業といっても扱う商材が変われば、売り方も変わりますので素人同然になります。ですから、専門能力には、職種と業種を掛け合わせて、「私の専門能力は個人向けの自動車販売営業です。」とか、「私の専門能力は家電の量販店営業です。」となると、それが専門能力になります。
ここでは営業の例しか挙げていませんが、他の職種でも同じことがいえます。

対人関係能力

次に、「対人関係能力」ですが、いくら専門能力があっても、お客様やチームメンバーとの対人関係が築けなければ、パフォーマンスを発揮することはできません。なぜなら、ビジネスは売り手も買い手も「人」だからです。対人関係の基本は対話だと思いますが、会話が上手でなくても対人関係は構築できます。例えば、売れる職人は、製品を通じて、買い手との信頼を築いているといえます。対人関係の本質は「信頼」であると私は考えています。

適応能力

3つめに、「適応能力」ですが、これは、「変化対応能力」とも言えます。どの企業にも独特の組織文化があります。仕事の考え方や業務の進め方、経費の使い方まで、あらゆる点で異なっています。私は7回転職しましたが、それはそれは、戸惑いの連続でした。私は「郷に入れば郷に従え」の心得えで、まずは相手の考え方を尊重し、少しずつ自分の色を出すようにしてきました。

最後に・・・

以上、市場価値の高い人材の3つの条件。「専門能力」、「対人関係能力」、「適応能力」について紹介させていただきました。次回は、それぞれの能力の磨き方をお伝えしたいと思います。

ABOUT この記事を書いた人

記事プロフィール 佐藤 大介(株式会社エンディングキャリア 代表取締役)
私のミッションは「最後に笑えるキャリア」をプロデュースすることです。20年前、就職氷河期世代の私は失業していました。働く場所がない辛さや悲しみを心底味わいました。その後、何度か転職をしながらキャリアアップを図り、家族を養えるくらいの収入がいただけるようになりました。人生100年時代を迎えて、私たちはキャリア戦略の転換を求められています。あなたのキャリアを伴走させてただくことを楽しみにしています。